上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080718.jpg


今日は、ふらっと現代美術センターへ。
何の展示が開催されてるのかも知らないまま、行ってみました。

そこで見たこともないジャンルの作品に出会いました。
後でHPで展示の内容を調べると、『彫刻(レリーフ)』になっていましたが、どちらかというと絵画の印象。
但し、技法的には彫刻なのかも。
まぁ、そんな屁理屈はいいや。

とにかく。
クオリティ、高い!

久々に圧倒されました。

浄土真宗のお坊さんの作品だそうで、美術云々よりも宗教的なことを伝えたい展示のようです。
本来の仏教とは、神様を奉るのではなく、自分と向き合うことのようです。
でも日本に伝わった時に、だいぶ湾曲された取り入れ方をされたとか。
確かに、日本のお坊さんは、お墓を管理やお葬式など、偶像崇拝的なご先祖様の法要のイメージが強いです。

自分と向き合うこと。

そういや、私にとっても、作品を作ってる時間は自分と向き合う時間でした。
歴史や、宗教的なことに無知な私でも、この作品の素晴らしさから、何となくこの展示が伝えたいことがわかったような気がしました。

受付に女性のお坊さんがいたのですが、仏教の話をしてくださった後、名前(といっても、戒名)や、住所、電話番号(固定・携帯とも)を教えてくださいました。
彼女に連絡すれば、これらの作品がいつでも見れるとのこと。
個人情報の管理に敏感になっているこの時代にびっくりです。

仏教にはやっぱり興味はないですが、また会いたい作品達でした。

(´∀`*))ァ'`,、

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorpho.blog70.fc2.com/tb.php/321-7c99502f


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。